ホームインスペクション

あなたの住宅を高く売るために、インスペクションを行います。

建築・住宅売買における「インスペクション」とは、中古住宅の売買、リフォーム時に建物の程度、安全性などを診断するために、実際の住宅内部を詳細に調査することを言います。
近年需要が高まっている、中古住宅の売買や、既存の住宅へのリフォームをする際に、現況調査を行います。
建物の構造の安全性、日常生活に支障がないか等の劣化の具合などを調べ判断します。

たとえば、建物を支える「基礎」や、住宅の外壁に経年劣化による「ひび割れ」がないか、内壁・天井に「雨漏り」の発生がないか、給排水管の「漏れ」や「つまり」がないかなど。
主に目視による調査が中心となりますが、それに加えて行われる内容は事業者のスキルのレベルにより様々です。

実施に当たっては、国土交通省のガイドライン(平成25年6月発行)に即した形で適正に行います。