中古住宅売買

私たちは、お客所有の住宅の価値をさらに高めます。

中古住宅の流通

中古住宅売買

ここ数年、国土交通省が中心となり住宅を長持ちさせる、といった考えにシフトしてきています。
法改正や、業界団体の姿勢の変化、住宅購入層の事項減少等により、新築住宅の供給・流通量が減少する観測もあります。
その中で、住宅を購入する際にも新築優先から中古住宅の購入またはリフォームという選択肢も大きくなってきています。

しかし、中古住宅の購入に当たって「あと何年居住可能か」「購入後の補修が必要になりそう」などのハードルがあることも事実です。

内匠の中古住宅売買のポイント

中古住宅のインスペクション

内匠では、中古住宅の売買の際には住宅の状態を調べる「ホームインスペクション」を行い、住宅の評価を行います。
評価の結果にしたがい、住宅の価格の低下を招きそうな箇所について、必要な補修等を施すことが出来ます。
その結果、ご自身の所有する住宅を「売る」際には、必要な補修・リフォームを行い住宅としての価値をあげることができ、高値での販売が可能になります。

家を売りたい方は、ご相談下さい。インスペクターが正確にご自宅を評価し、建築のプロの提案をします。
建築、リフォームの経験、知識を有効に活用し、ただ販売するよりも家の価値を上げて流通させることが出来ます。

ワンストップで補修から売買まで可能なのが「建築×不動産」の内匠ならではの強みといえます。